展示案内

文化情報広場

第4展示室上部の文化情報広場では、各地の博物館の展示情報など、全国から寄せられた文化情報に関する多数のチラシをお持ち帰りいただけます。 また、福岡県が推進している世界遺産登録活動や、県内外の文化財について紹介するパネル展示も実施しています。

パネル展「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」

宗像市沖の玄海灘に浮かぶ沖ノ島は、古代より日本と大陸との海上交通の拠点であり、また信仰の島として多くの文化財を残してきました。福岡県ではこの沖ノ島について、宗像市等の関連遺産も含めた上で、ユネスコの世界文化遺産に登録する活動を推進し、平成29年度には「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として、世界遺産への登録が実現しました。
本展では、沖ノ島の信仰や祭祀に関するパネルを中心に、関連遺産群まで含め、福岡県が誇る世界遺産について、幅広く紹介します。
【会期:令和3年7月13日(火)~令和3年7月25日(日)】

Webパネル展「朝鮮半島の文化遺産(1) -高句麗の古代山城編- 」

※ホームページでのみご覧いただけます

朝鮮半島には、古代の山城、官衙、寺院など、歴史的に重要な文化遺産が数多く残されています。その中には北部九州と密接に関わる遺産も多いため、福岡県では韓国国立文化財研究所と研究交流を実施し、長年これらの遺跡について調査研究を行ってきました。
今回のパネル展では、この朝鮮半島における調査研究活動の成果として、当館の西谷正名誉館長が撮影した高句麗の古代山城を展示します。この展示を通して、朝鮮半島の文化財について広く皆様にご紹介させていただくとともに、今後の日本と朝鮮半島の文化交流の一助となれば幸いです。
▲五女山城 全景 中国・遼寧省桓仁
紀元前37年に建国と伝える高句麗前期の都城跡です。標高820mを測る頂上部は断崖絶壁を利用していますが、東南側の絶壁下部には石を積み城壁を築いています。
▲五女山城 西門 中国・遼寧省桓仁
正門と推定される西門跡には、門礎石が残っており、その前面には数段の石階段があります。城門を入ると、南・北両側に歩哨所を設けています。
▲五女山城 東側城壁 中国・遼寧省桓仁
割石を5mほどの高さに積み上げて城壁を築いています。
▲丸都山城 宮殿建築群 中国・吉林省集安
3世紀初に遷都した高句麗中期の都城・国内城の北西2.5kmほどの場所に築かれた山城です。城内には、宮殿跡と考えられる礎石建築群の遺構がよく残っています。
▲丸都山城 東南門 中国・吉林省集安
周囲が7km近い山城には城門が6ヵ所見られますが、そのうち東南門は正門にあたる1号門跡です。平面がコの字形に入り組んだ、甕城(枡形)形式の城門です。
▲丸都山城 将台 中国・吉林省集安
東南門(正門)を入ってすぐの見晴らしの良い丘の上に築かれています。将台・点将台・瞭望台など、いろいろな名称で呼ばれますが、兵士の指揮所に当たります。
    ▲丸都山城 城壁 中国・吉林省集安
城壁の一部です。写真中央付近に西門(3号門跡)があります。
▲大城山城 遠望 北朝鮮・ピョンヤン
427年に遷都した高句麗後期の都城・平壌城の遺跡は、安鶴宮跡に比定されます。その北方背後に築かれたのが大城山城で、周囲7.8kmの巨大な山城です。
▲大城山城 南門 北朝鮮・ピョンヤン
大城山城の南門は正門に当たります。この付近は城壁が二重になっています。なお現在の城門は、1970年代に再現されたものです。
    ▲大城山城 城壁 北朝鮮・ピョンヤン
高さ10mほどに復元された南側城壁です。
▲大城山城 城内の様子 北朝鮮・ピョンヤン
いくつかの尾根をめぐって城壁が築かれています。城内には多数の貯水池が設けられていましたが、この貯水池は最大規模のものです。
▲大城山城 貯水池 北朝鮮・ピョンヤン
城内の各地に設けられた貯水池の一つです。石積みの護岸を施しています。
    ▲鳳凰山城 城壁 中国・遼寧省鳳城
高句麗中期に領土が大きく拡大された時期に、その前進拠点に築かれた山城の一つです。高さ10mほどの石積みの城壁です。烏骨城または安市城に比定されています。
    ▲鳳凰山城 城門礎石 中国・遼寧省鳳城
北門の内側(南側)30mの地点で遊離した状態で残っている城門礎石です。
▲鳳凰山城 北門付近城壁 中国・遼寧省鳳城
急峻な山稜を利用していて、石積みの城壁は部分的に築かれています。
    ▲得利寺山城 城壁 中国・遼寧省瓦房店
写真中央より少し下がったところに甕城(枡形)形式の西門跡が見えます。龍潭山山城とも呼ばれます。
▲城山山城 東門 中国・遼寧省庄河
城門付近の城壁の石材は、丁寧に仕上げた切石を使っています。
▲城山山城 雉(馬面) 中国・遼寧省庄河
東側城壁のところどころに設けられた雉(馬面)です。後世の修復の可能性もあります。
▲高麗城山山城 城壁 中国・遼寧省蓋
高句麗山城の城壁には、石塁(石築)と土塁(土築)の二種類がありますが、ここでは土塁が見られます。石城山山城とも呼ばれ、建安城に比定されています。
▲高麗城山山城 土塁の版築構造 中国・遼寧省蓋
土塁は、版築によって築かれていますが、枠板の水平支持棒の腐触孔や、版築の様子が層状をなす断面からうかがうことができます。

展示案内