展示案内

第1展示室

常設展「歴史(とき)の宝石箱」

1 旧石器・縄文時代―狩猟と採集―

ここでは、九州・福岡の旧石器・縄文文化を語る上で重要な資料で、 旧石器時代では、ナイフ形石器文化の石器を中心に展示しています。 特に狩猟具である、北部九州の大型の槍先形の石器は他では見ることができない、貴重な資料です。 縄文時代では、草創期の古い時代から晩期頃まで、土器の変化を時間に沿ってみることができます。 さらに低地より出土した木製品や貝塚出土の骨角牙器など、福岡地域ならではの縄文時代資料の展示です。

2 弥生時代―稲作とクニ―

ここでは、「弥生時代の始まり」「弥生の祀り」「首長墓」など、弥生文化を語る上で重要なテーマとなる資料を展示しています。 弥生遺跡の宝庫、福岡県内の代表的な遺跡・資料群を選定して展示しています。 北部九州の玄界灘沿岸地域で水田稲作に代表される弥生文化が成立したことを示す資料、甕棺墓葬に伴う祭祀の在り方を示す資料、地域社会内での階層化が進行し、首長墓が形成される過程を示す資料の展示です。

3 古墳時代―北部九州の古墳文化―

ここでは、「前方後円墳の出現」、「中期古墳の革新」、「装飾古墳の展開」など、北部九州の古墳文化を語る上で重要なテーマとなる資料で、 福岡県内の代表的な遺跡・資料群を選定して展示しています。 古墳時代開始の指標となる前期の前方後円墳から出土した副葬品、5世紀代の渡来人による新たな技術の導入の様相を物語る中期古墳出土の副葬品、北部九州で6世紀代に盛行する壁画系装飾古墳出土品の展示です。

4 古墳時代―北部九州の古墳文化―

Ⅱ ―西海道大宰府―

大宰府が統括した西海道の各国からは、大宰府の影響を大きく受けたものや、律令制下の特徴を示す多くの資料が発掘調査によって出土しています。 ここでは、大宰府周辺域となる、福岡県内(筑前・筑後・豊前)の国分寺・郡衙・集落などから出土した資料を中心に取り上げて展示しています。

5 中世

Ⅰ ―その後の大宰府―

古代末頃、大宰府は西海道の政治的中心としての機能を喪失していきますが、観世音寺・太宰府天満宮等、宗教的中心地としての地位を近世に至るまで保ち続けます。 特に中世最大の対外貿易港の博多を通して流入する中国製陶磁器、高麗青磁などの陶磁器類が太宰府域でも特徴的に出土しています。 ここでは、大宰府およびその周辺の特に寺院跡や墓地から出土した陶磁器類、銅鏡・短刀などの副葬品を展示しています。

▲筑紫野市宗原遺跡出土の角錐状石器と 槍先形尖頭器
▲春日市門田遺跡出土爪形文土器
▲太宰府市観世音寺出土老司Ⅰ式瓦
▲千手観音立像(若杉霊峰会所蔵)
▲石造獅子(太祖神社所蔵)

企画展「福岡県政150年 ~第1部 九州の中核をめざして~ 」

福岡県は令和3年(2021)、誕生から150周年を迎えます。この県政150年を記念して、九州歴史資料館と福岡共同公文書館では、県政を主軸とする近代福岡県のあゆみについて紹介します。
九州歴史資料館では、第1部「九州の中核をめざして」として、明治4年(1871)の廃藩置県前夜から、昭和22年(1947)の日本国憲法・地方自治法施行までの近代の福岡県のあゆみについて、県政文書や絵葉書、地図などの史料でご紹介します。また、現在のアクロス福岡・天神中央公園の場所に大正4年(1915)に建てられた旧福岡県庁の模型も展示予定です。
なお、本展の第2部「アジアのなかの福岡へ」は、同じ会期で福岡共同公文書館にて開催されます。第2部では、戦後の県政を中心に、福岡県のあゆみについてご案内します。
▲重要文化財 勅語之写(福岡県立伝習館高等学校所蔵)
▲旧福岡県庁舎模型(九州歴史資料館所蔵)
 ▲第1回九州地方行政協議会関係資料(九州歴史資料館所蔵)

交流キャラバン展「炭坑(ヤマ)の記録、世界の記憶」

令和3年(2021)は、山本作兵衛コレクションがユネスコ「世界の記憶」に登録されてから10年を迎える節目の年です。それを記念し、福岡県内で山本作兵衛コレクション関連の交流キャラバン展を、田川市石炭・歴史博物館等の主催で実施することとなりました。今回のキャラバン展をとおして、ユネスコ「世界の記憶」や山本作兵衛コレクションの価値について再認識していただければ幸いです。
【会期:令和3年8月11日(水)~令和3年9月26日(日)】

展示案内