教育普及

九歴ボランティア

ボランティア活動の紹介

土曜・日曜・祝日は、九歴ボランティアが古代体験のお世話、バックヤードの解説を行います。イベントにも多くのボランティアがかかわっています。
古代体験をやさしく見守ります。
季節に合わせたイベントも行います。
出張して体験の輪を広げます。

ボランティアイベント「大人組紐(くみひも)講座」

ボランティアが中心となって企画、運営するイベントがあり、そのひとつが「大人組紐講座」です。例年子ども向けイベントとして実施していた「組紐」ですが、来館者の要望を受け、今年度は大人向けの講座が誕生しました。5月と11月の2回開催し、多くの方にご参加いただきました。「組紐の技術を習得したことに加え、ボランティアの丁寧な説明や声かけがうれしかった。」とのお声をいただき、ボランティアも職員もとてもやりがいを感じています。
来年度も実施する予定です。多くの方のご参加をお待ちしています。(開催期日は4月にご案内します。)

多くの方に参加していただきました。
ボランティアも参加者と会話を楽しみながら活動できました。
参加者の作品です。色使いも組み方もオリジナル!

ボランティアバス研修

ボランティアは、年に一回、バス研修を行っています。令和元年度は、10月1日(火)に実施しました。熊本県立装飾古墳館や歴史公園鞠智城・温故創生館、方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)を訪問し、歴史の学びいっぱいの一日を過ごしました。

バス研修ルート
九歴出発
⇒熊本県立装飾古墳館
⇒鹿央物産館(昼食)
⇒歴史公園鞠智城・温故創生館
⇒方保田東原遺跡
⇒豊前街道(車上より)
⇒九歴到着

熊本県立装飾古墳館では、装飾古墳を再現した展示に興味津々。実際の石室さながらの展示に驚きの声があがり、多くの質問が飛び交いました。屋外では実際の古墳を見学し、古代に思いを馳せるステキな時間となりました。

昼食は、装飾古墳館近くの鹿央物産館レストラン「やすらぎ館」でいただきました。だご汁や黒米肉うどんなど地元食材をつかったオリジナルメニューばかり。おすすめの古墳発掘カレーは、見て楽しい食べておいしい!アイディアいっぱいでした。

熱心に話を聞いています。質問にも丁寧に答えていただきました。〔熊本県立装飾古墳館〕
古墳を目指してどんどん歩きます。〔熊本県立装飾古墳館〕
央物産館お勧めの古墳カレー!古墳の中から美味しいものが!〔レストラン「やすらぎ館」〕
歴史公園鞠智城・温故創生館では、解説ボランティアの方々との交流を行いました。展示解説で工夫していることや、スキルアップ研修の方法などを紹介し合うことで、「よりよいボランティア活動とはどのようなものか」を考えるよい機会となりました。

方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)は、昭和60年に国の史跡指定をうけて一部が芝生公園として整備されています。青銅鏡、石包丁形鉄器、巴形(ともえがた)銅器など、国重要文化財として指定を受けている出土品もあります。職員の方から遺跡の概要や出土物の説明を受け、新たな知識を身につけることができました。
屋内、屋外どちらもボランティアに解説していただきました。〔歴史公園鞠智城・温故創生館〕
お互いの活動を紹介し学びあうことができた貴重な時間となりました。〔歴史公園鞠智城・温故創生館〕
弥生時代から古墳時代前期に繁栄した大集落遺跡。広い!!〔方保田東原遺跡〕

活動内容

  1. 土・日曜日、祝日の古代体験の支援
  2. 学校等団体の来館時の館内案内および古代体験の支援
  3. 館主催のイベント支援
  4. ボランティア主催イベントの企画・実施
  5. ボランティアグループによる活動
  6. 第2展示室の解説(土・日曜、祝日) ※平日にご希望の場合は、事前にご相談ください。
  7. その他 ボランティア活動に関わること

お知らせ

現在、ボランティアの募集は行っておりません。

問合わせ先
〒838-0106 小郡市三沢5208-3 九州歴史資料館 ボランティア担当
TEL:0942-75-9501 / FAX:0942-75-7834

教育普及