教育普及

学校の先生方へ

当館は、歴史系博物館としての機能を生かし、「総合的な学習の時間」に留まらず、各教科の発展的な学習活動を提供できる場としての整備を進めています。
当館の企画推進室広報普及班に教育普及担当職員(小・中学校教諭)が配置されています。下記の電話番号にご連絡ください。

0942-75-9501
九州歴史資料館 企画推進室(直通)

※お問い合わせはこちらへ

来館学習

「実際に見る・触る」ことで、歴史や文化財についての理解を深める学習を提案しています。単元のまとめの学習として、あるいは単元の導入として、 館の施設そのものを教材化した学びの場を提供いたします。

企画展「きゅうおにとタイムトラベル」の来館学習

企画展「きゅうおにとタイムトラベル」(3~7月)は、小学校6年生社会科の歴史学習の内容に合致させた展示です。 九州歴史資料館のキャラクター「きゅうおに」が過去を旅する設定になっています。遺物の展示だけでなく、パネルの解説をもとに学ぶことができます。

館内案内「バックヤードツアー」の来館学習

館内案内「バックヤードツアー」(通年)は、遺物が発掘された瞬間から展示室に並ぶまでの経緯を追う,館内一周ツアーです。当館の中心業務である発掘・保存・修復・研究・展示の流れを通して,保存継承の意義を考えることができます。

《学びのスタイル(例)》

  • 狩猟・採集や農耕の生活の様子を比較して共通点や相違点を探り、縄文時代と弥生時代の特色を整理する。
  • 奈良時代の大宰府の様子を通して、くにがまとまり天皇を中心とした政治が全国に及んだことを知る。
当時の生活がイメージできるパネル を展示しています。
展示を比べて分かったことは? みんなで整理しよう。(実際の様子)

中学生職場体験・高校生インターンシップ

組み合わせてもとの形に… 遺物整理にチャレンジ!

主に中学校2年生~3年生において実施される職場体験の受け入れ先として、毎年10校ほどの学校を受け入れています。また、夏休み期間を中心に高校生のインターンシップの受け入れを行っています。一度の受け入れ人数上限は6名です。

  • 時期によって体験内容は異なります。
  • 各校とも実施時期が重なる傾向がありますので、早めの連絡・調整をおすすめします。

学校向け出前授業

出前講座(「仏像の見かた」)

九州歴史資料館では福岡県内の小・中学校および高等学校等を対象にした学習支援事業(出前講座)を実施しています。 講座のテーマおよび内容は別紙のとおりです。社会科の授業はもちろん、総合的な学習の時間などにおいても、積極的にご活用ください。

  • 担当学芸員等の業務等の都合で開催できない場合もありますので、予めご了承願います。
  • 依頼の内容によっては各市町村の文化財担当職員をご紹介する場合もあります。
  • 今後、実施可能テーマを増やしていく予定です。

当館では、各学校と博物館をつないでオンライン授業を実施しています。博物館の楽しさや歴史の面白さ、福岡県内の文化財の魅力等を教室へお届けします。ぜひご活用ください。

【メニュー例】
○オンライン社会科見学
「博物館バーチャル歴史体感ツアー」と題して、オンラインで館内や展示品の紹介を行います。歴史や文化財、博物館への興味・関心を高めることが期待できます。
○スポット解説
授業の中で、もう少し理解を深めたい内容などがある際に、学芸員や教育普及担当の職員が、実際の展示や文化財などを用いて解説や説明を行います。15分程度の短時間のスポットでの活用もお受けしています。オンラインの長所を生かした双方向での質疑応答は大変好評です。

その他、学芸員や発掘技師による職業講話、発掘現場からの中継、文化財の調査に使用するX線CTスキャナの説明など、各学校のご要望に合わせて、さまざまな学習内容をご提供できます。また、研究授業等でのご活用も可能です。お気軽にご相談ください。

※お問い合わせはこちらへ

教員向け研修会

令和3年度キャリアアップ講座

九州歴史資料館では、学校の先生方向けの研修会を開催しています。
令和4年度は、次のような研修会を予定しています。

○令和4年7月29日(金) 県教育センターキャリアアップ講座(※申込方法等の詳細については、県教育センターHPでご確認ください。)
○令和4年8月19日(金) 教員のための博物館の日 in 九州歴史資料館
○令和4年11月4日(金) 教員向け研修会(特別展関連)

教育普及