研究論集

九州歴史資料館 研究論集46

好評につき完売いたしました。

<目次>
【論文】
・九州型石錘の機能に関する一試論-福岡市西新町遺跡出土石錘を中心に- (大庭孝夫)
・福岡県の天河石製玉類 (吉田東明・比佐陽一郎)
・石垣高尾遺跡と三野城-石垣高尾遺跡の再評価に関して- (小田和利)
・今津誓願寺の阿弥陀如来坐像-栄西と重源所縁の創建期本尊として- (井形 進)
・新出の個人蔵「守昌」印屏風について-衣笠守昌作品としての位置づけ- (日野綾子)

【研究ノート】
・「大宰府史跡」出土木製品の用材傾向Ⅵ-木簡削り屑を対象として- (小林 啓)
・九州地方行政協議会と福岡~昭和戦前期の”太宰府政庁”(大宰府政庁)再現論を中心に~ (渡部邦昭)

A4 120ページ 2021年刊行
  • 当館2階の図書閲覧コーナーで閲覧できます。
  • 当館受付及び、郵送による購入もお取り扱いしております。
  • こちらに掲載していないバックナンバーは、販売の取り扱いをしておりません。

郵送による購入のご案内

  • 口座振り込み、代引き、カード等でのお支払いは取り扱っておりません。
  • 「図書代金+送料」を現金書留で本館にお送りいただいた後、日本郵便のレターパックでお送りする方法のみで取り扱っております。
  • 図書代金は「刊行物」をご参照ください。
  • 残部希少のものもあります。事前に残部の有無を当館0942-75-9575までご確認の上、お申し込みください。
  • 送料は基本的に下記の通りですが、図書の種類により、変更になる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。
    • 1冊…370円
    • 2~3冊…520円
    • 4冊以上をご希望の際は、個別に対応させていただきます。当館0942-75-9575までお問い合わせください。
  • お送りいただく際には ①注文する刊行物の書名 ②氏名 ③送付先住所 ④電話番号 を明記した紙(様式の指定はありません)を同封してください。